flash位置

DNOW沿革

 
photo

 

歯科ネットワーク
岡山から世界へ
Dentist Network from Okayama to the World

 

沿革

2010年3月27日 歯科ネットワーク岡山から世界へ 設立準備総会
2010年4月3日 歯科ネットワーク岡山から世界へ 設立総会 理事3名、監査、設立代表者を選出
2010年5月6日 岡山県庁へ設立認証申請書を提出
2010年8月29日 発会式を挙行
2010年9月21日 設立登記を完了(設立記念日)
2011年2月 ベトナム・ホーチミン市FFSC(ストリートチルドレン友の会)ビンチュウ能力開発センターでの活動開始(以降年2回の頻度で継続中)
2011年12月 活動報告会開始(以降年1回の頻度で開催)
2012年7月 フィリピンセブ島・マニラ市 視察
2013年3月 フィリピン・マニラ市SRDコンコウキョウセンターでの活動開始(以降年2回の頻度で継続中)
2013年6月 理事2名追加
2017年1月 第2代理事長 村木 利彦(歯科医師)就任

このページのトップへ

DNOW定款

特定非営利活動法人歯科ネットワーク岡山から世界へ定款

詳細はこちらのPDFをご一読ください >>>定款PDF(2015.2.14更新)

このページのトップへ

DNOW理事長挨拶

理事長写真

第2代理事長 村木 利彦

 DNOW(デンティスト・ナウ//歯科ネットワーク岡山から世界へ)は、強い思いに突き動かされた歯科医療従事者を中心として、2010年9月に立ち上がったNPO法人です。

 世界では、次世代を担うはずであるのに、その存在が公の記録としては認められていない子どもたちが、少なからずいるのが現状です。そうした子どもたちのうち、私たちと同じアジアで生活する子どもたちの健全な成長と自立の一助となるべく、また私たち自身も活動をさまざまな学びの場とすべく、「相互扶助」の精神による取り組みを開始しました。

 活動の趣旨にご賛同くださった皆様のお力添えを得て、設立から6年を迎える今日では、歯科医療との直接的な関係の有無を問わず、様々な分野の個人様・法人様が、関わりをもってくださったり、実際に活動に参加してくださったりするようになりました。お蔭をもちまして、会員数は設立時の3倍以上に、活動参加者数は150名を越えるまでになりました。また、活動で検診した子どもは約2、500名に及んでいます。(人数はのべ数/2017年1月現在)


 さて、私こと村木利彦は、この度2017年1月より、DNOW第2代理事長を務めることと相成りました。

 改めて、当会の設立当初を思い起こして昨今の情勢と重ねますと、様々な分野において、急速な変化があったように思います。一例として、当初はかなり新しいものとして耳に響いていたグローバル化という現象が、今ではごく自然に耳に届くようになりました。その一方で、世界ではこの現象とは逆行するような動きが少なからず見られ、皮肉にもこうした動きの影響は、地球規模にまで及んでいる感が否めません。ともすれば、漠然とした不安におののいたり、焦燥感にさいなまれたりしがちな折、あるいは、よくも悪くも人々の思いや価値観の多様化が色濃く映る折ではないかと感じています。
 ひるがえって当会ではシンプルに、設立当初からの精神である「相互扶助」の思いを第一に、あるべき姿・スタイルを模索しつつ、取り組みを重ねてきました。そしてこれからも、この精神を不動のものとして活動継続に努める所存であります。


 今後とも、皆様のご理解とご協力をDNOW(デンティスト・ナウ//歯科ネットワーク岡山から世界へ)に賜りますよう、伏してお願い申し上げ、就任のご挨拶とさせていただきます。

2017年1月吉日
村木 利彦

このページのトップへ

DNOW組織

DNOW組織図2015

このページのトップへ